過払い金詐欺の手口と、本当に頼れる弁護士の見分け方

MENU

過払い金詐欺の手口と、本当に頼れる弁護士の見分け方

1 そもそも過払金請求とは

過払金請求とは読んで字のごとくですが、
お金を借りた人(債務者)が貸した人(債権者)に対して、
法定利率以上の利息を支払った場合、その差額を取り返す請求のことです。
平成18年にいわゆるグレーゾーン金利についての最高裁判所の判決が出るまでは、
貸金業者はグレーゾーンの一番高い金利で貸金業を営むことが多かったといえます。
しかし、同判決により、その利率が引き下げなければならなくなったことから、
従前の金利で契約し、支払を行っていた人に過払い金が生じることとなったのです。

 

2 では、過払い金詐欺とは何なのか。

債務者は基本的に請求書に従って支払いを継続しています。
過払い金が発生していることについても気づいていない場合があります。
あれ?私払いすぎてない・・・と思って弁護士事務所へ赴き、
弁護士(実際に計算をするのは、事務所の事務職員かもしれませんが・・・)が計算を行い、
適正な支払額を導きます。これを引直計算といいます。そして、実際の支払額との差額が過払い金になるのです。
この過程で本人が検算することは中々ありません。
実際にもエクセルの利率計算表のようなものを使用しないと計算することは難しいでしょう。
金銭消費貸借契約は、日ごとに利息が加算されるものですし、
支払額を利息に優先的に充当するのが通常ですので、
単に年利●%、支払●●円だから・・・と計算して適正な額を導くことはできないのです。
よって、弁護士が計算した数字を大多数の依頼者は信じるしかないのです。
その計算の際に、弁護士が実際の過払い金の中から、
いくらか抜こうと思えばできてしまう・・・これが過払い金詐欺の仕組みです。
弁護士バッジをつけている人が・・・と思う人も少なくありません。
しかし、実際に一部の悪徳弁護士や司法書士等がこのようなことをしでかしているからこそ、
過払い金詐欺という言葉が生まれたり、

実際にこのような事例で懲戒処分になっている弁護士がいるのです。

 

3 では、どうすればいいか。

自分に過払い金があるかもしれない、
でも弁護士や司法書士は信じられない・・・
しかし、計算は自分ではできない・・・となってしまうと、債務者は八方ふさがりになってしまいます。
そこで大事なのは、過払い金詐欺を働くはずがない法律事務所や司法書士事務所を選ぶことです。
まず、テレビCMを行っているような事務所については、さすがに過払い金詐欺を行い、
これが発覚してしまってはブランドイメージを維持することができませんから、過払い金詐欺はないといえます。
しかし、これらの事務所はCM効果もあってか、受任件数が膨大です。
事務処理能力が要求されることになりますが、それでは到底弁護士だけのマンパワーでは足りません。
中には、弁護士でなければできない業務(例えば、裁判所に提出書面の作成等)を事務職員が行っているようなケースもあり、
依頼者の方に最適な法的サービスが提供されるかというと、
必ずしもそうとは言えないのが実情です(口コミサイトなどにも、
「弁護士に全然つないでもらえない。」「経過報告がなく、処理のスピードが遅い」といった口コミも見られます。)。
また、それだけ事務職員を仕事に投入すれば、当然、コストも発生します。
こういった事務所は決して安いわけでもありません。
こういった依頼者対応以外であれば、過払い金支払請求には弁護士において
特段のスキルが要求されるわけではありません。

なので、基本的には初回相談無料の法律事務所をネットで探し、
そこに足を運び、何か所か比較してみて、相性の合うところ、
あるいは費用の安いところを選択すれば、間違いは起こりにくいでしょう。
まちがってもポスティングや電話勧誘をしてくるような事務所を選んではいけません。